楽天モバイル 評判

今年楽天モバイルのサービスが開始されましたがずっと評判は不評でした。

なぜ不評だったのか?今の評判はどうなのか?を調べてみました。

 

楽天モバイルが不評だったのは以前まで?

楽天モバイルが不評だった大きな理由の1つが本体の価格設定が高いという点でした。
サービス開始した当時一番の目玉機種のASUS zenfone5
たしかにスペックはiPhoneと同等、それ以上のスペックだったのですが問題は価格設定でした。
まったく同じ機種が楽天の8GBの価格とアマゾンの16GBで同じ価格設定だったのです。
これは明らかにおかしく、楽天が機種代金の価格を釣り上げてるのでは?という事になり不評でした。
しかし、現在は楽天も価格設定を見直し今では最安値クラスで購入が可能となっています。

 

現在の楽天モバイルの評判は?

楽天モバイルでは現在数多くの格安スマホを取り扱っています。
また価格も最安値クラスとなっており問題はありません。
月々の料金も最安クラス、使用している回線もドコモと同じもののため問題ありません。
過去の評判があるためなかなかすぐに評判が良くなるという事はありません。
しかし現在は非常に優良な格安SIM格安スマホで評判はよくなっています

 

気になる楽天モバイル詳細、特徴は?

携帯料金、格安SIMで気になるのは価格、品質、サービスだと思います。
楽天モバイルの詳細を価格、品質、サービスに分けて調べてまとめてみました。

 

楽天モバイルの価格
プラン名 SMSなしの価格 SMSあり価格 通話SIM
ベーシック 525円 +120円 1,250円
3.1GBパック 900円 +120円 1,600円
5GBパック 1,450円 +120円 2,150円
10GBパック 2,260円 +120円 2,960円

上記の表の通り価格は格安SIMでも最安クラスの料金設定となっています。

 

楽天モバイルの品質

楽天モバイルはNTTdocomoと同じ回線を使用しており非常に高品質な回線を使用しています。
また設備増強が行われ、全時間帯で速度が速くなりました。
格安SIMで気になるのが回線速度と良く言われます。
使用している人数が多い場合回線速度が遅くなる場合がある・・・という事です。
まずは楽天モバイル公式サイトに記載されている速度を見てみましょう。

プラン名 回線速度
ベーシック 200Kbps
3.1GBパック 下り最大150Mbps上り最大50Mbps
5GBパック

 

下り最大150Mbps上り最大50Mbps

10GBパック

 

下り最大150Mbps上り最大50Mbps

こちらが3.1GBパックで実際に東京都内で測った実測値の時間別実測値です。

時間帯 下り速度(ダウンロード) 上り速度(アップロード)
8時台 30.60Mbps 10.50Mbps
12時台 23.25Mbps 7.52Mbps
18時台 23.03Mbps 7.32Mbps
22時台 27.92Mbps 10.03Mbps

計測場所:東京23区内 計測機器:iphone 6
実測値と公式サイトでの最大速度は確かに大幅に違います。
しかし朝方の30Mbpsを超えるスピードは他の格安SIMよりもはるかに速いです。
30Mbpsですと光回線のネット回線の無線LANより少し遅いくらいの速さでしょうか?
また混雑する時間帯でも特に問題なく使用できる回線速度だと思います。

 

楽天モバイルのサービスは?

楽天モバイルでは他の格安SIMとの対抗として様々なサービスを行っています。
サービスの使い方次第では格安で使う事が出来るためしっかり確認しましょう。

申し込み時のサービス

全プラン月額料金初月無料
端末購入ならポイントプレゼント
楽天でんわに申し込みで1500ポイント付与
不必要なスマホ売却で4000ポイント付与

 

契約中のサービス

お支払100円につき100ポイント付与
楽天市場でのポイント2倍

上記のとおり楽天でのお買い物される際に使える楽天ポイントがかなり溜まります。
ポイントで清算すれば申し込みだけで実質1万円ほどのポイントがもらえます。
これは非常にお得です。
しかし楽天でしかポイントは使えないためそこだけはあきらめるしかありません。
ですが楽天での買い物に抵抗がなければ非常にお得ですね。